今月・来月号の紹介

表紙
3月号発売中!2010年2月1日発売 定価590円

今月号の紹介

かわいいおひなさまの絵が表紙の、おひさま3月号は、読み切り作品がたっぷり。
石井聖岳先生の「ヤモちゃん」シリーズ第2弾は、「ぴたっとヤモちゃん はるですよ」です。だれにでもなんにでもぴたっとくっつきたがるヤモちゃんが、今回は冬眠中のお友達にぴたっ! だってもう春なんですもの。うきうきしちゃいますよね。
センシュちゃんとウオットちゃんの新作は「まほうのはちみつ」。食いしん坊のセンシュちゃんが、みつばちさんにもらった蜂蜜は、なんと・・・。どんな魔法がかくされていたのでしょうね?
今年末に新しい映画が公開される「チェブラーシカ」。来月号からは、映画のおはなしをもとにした連載も始まります。新連載の前に、2007年8月号に掲載された第一話を、再録いたしました。チェブラーシカがどうして街にやってきたのか。その謎がわかります。
こちらもアンコール劇場。坪田譲治作の「きつねとぶどう」をささめやゆき先生の絵でおおくりします。きつねの母子の切ない物語に、涙することまちがいなしです。
第14回おひさま大賞童話部門最優秀賞受賞作家、犬飼由美恵先生のチョキンちゃんシリーズ第2作は、ひなまつりがテーマ。はさみのチョキンちゃんは、今回どんな活躍をするのでしょうか?
第15回おひさま大賞絵本部門最優秀賞受賞作「わにさんのおくりもの」を掲載します。お楽しみに。
そのほかにも、「ぱくっ」「4ページえほん」「ペンギンくんのだいぼうけん」「おまちばあちゃんのちょっと、おまち!」「おひさまうたのとびら」など、魅力的な作品のオンパレード。「おひさま」3月号をぜひ本屋さんで手に取ってみてくださいね。

[くろくまくん] [グルグルとゴロゴロ] [はるって、どんなもの?]

今月号のもくじ

来月号の紹介

新しく生まれ変わった「おひさま」第一号の4・5月号は、DVD付録が付いた豪華版です。ぱくちゃん、ろくちゃん、グルグルとゴロゴロ、かんこちゃん、センシュちゃんとウオットちゃんに加え、山本祐司先生の「さくらのはながさいたらね」、4ページえほんなどなど、春らしいおはなし7話をお楽しみください。
「ねぎぼうずのあさたろう」でおなじみの飯野和好先生が、おひさまに新しいおはなしを描いてくださいました。「つぎのかたどうぞ」は、旅の一座が舞台。毎回ユニークなキャラクターが登場しますよ。
チェブラーシカファンのみなさん、お待たせいたしました。年末の新作映画の原作をもとに、湯山洋子先生の美しくかわいらしい絵も前回同様です。今回はサーカスに入りたいチェブラーシカとゲーナが大特訓。5回連載の1回目です。
そのほかにも期待の新連載が目白押し。「センシュちゃんとウオットちゃん」は趣向を変えてスタート。お子様のしつけをテーマにした「おひさませいかつえほん」の第一回目は「グルグルとゴロゴロ」の江川智穂先生。「あいさつ」がテーマです。俵万智先生、平田昌弘・景先生の新連載も見逃せません。
「松谷みよ子民話の小箱」は「ねずみきょう」。昔から伝わる民話を、松谷先生が再話してくださいました。松成真理子先生の絵がすてきです。
山本祐司先生の「もうすぐようちえん」は、まさに春にぴったりのおはなしです。
第15回おひさま大賞童話部門最優秀賞受賞作の「こいになったとのさま」を掲載いたします。ユーモアたっぷりのおはなしに、及川賢治先生のゆかいな絵がぴったり。
そのほかにも、「ぱくちゃんなにたべた?」「パンやのろくちゃん」「ポペッツタウン」「いいないいなこのおうち」「おまちばあちゃんのちょっと、おまち!」など、ボリューム満点の「おひさま」4・5月号です

おひさま次号の紹介
おひさま次号の紹介
小学館4